ビールイベント

けやきひろば秋のビール祭り2018【初日】

けやきひろば秋のビール祭り2018初日に行ってきました。

43606682-62B5-4D53-B44F-F6EF4E1F8248.jpg

まずは秩父麦酒醸造所さんの飲み比べセットからスタート!

ビールの名前も個性的ですが、看板のかわいいイラストも際立っていました。

7CB4C0C6-AD00-44DA-893A-812820B76E12.jpgFED2F451-0C98-44B5-9EB9-92007BE964B1.jpg

華熊

軽めの飲み口で、程よい麦芽感と苦味。

雪熊

小麦のまろやかさが出ていながらも、酸味としっかりとし苦みがあり、スッキリとして飲みやすい。

子熊

スパイシーで刺激的なヴァイツェン。

かぼすと熊

ビアへるんとのコラボビール。一口飲むとカボスの甘酸っぱさが広がりますが、後味に響かず、苦みがしっかりと締めてくれます。

それにしても、今回は初日でも人が多くて大盛況です。

昨年秋の初日は立ち飲み席に空きが目立っていましたが、今回は一転して利用者の方が多かったです。

今日はあくまでも前哨戦なので、最後に横浜ビールさんのシャスヤバIPAを飲みました。

6BDF6280-5B7B-41FB-BDF6-A2E8A0478263.jpg

こちらはジャパンブルワーズカップIPA部門で1位に輝いたビールです。

名前は、6種類のホップを大量投入した「デリシャスでヤバいIPA」というコンセプトから由来しているそうです。

勝手に「ジャストにヤバいIPA」の略かと思っていました笑

新鮮なオレンジのアロマが心地よく、甘みと苦みが舌の上をグルグルと駆け巡ります。

温まってくるとグロッシーなアロマも感じられます。

苦みが目立たないので飲みやすいが、ボディブローのように体に響いてくるヤバいIPAでした。