日本

サントリー 金麦 濃いめのひととき

乾杯ビールのポイント

  • やや柑橘っぽいアロマ
  • 染み込むような麦のコク
  • 軽やかながらも存在感あり

175F00D6-459F-4DE0-B69F-B18E16866C1E.jpg3C8C65A3-71E1-4776-874F-230C6655E023.jpg

名前:サントリー 金麦濃いめのひととき

原産国:日本

ブルワリー:サントリー

スタイル:

アルコール度数:6.0%

今日の乾杯ビールはサントリー 金麦濃いめのひととき

二条大麦麦芽の中からサントリー社基準で厳選した「旨味麦芽」をリッチモルトと呼んでいて、こちらのビールは通常の金麦よりもリッチモルトを1.3倍使用しているようです。

サントリーさんは1.3倍がお好きだなぁ、と思った時に麦芽比率と新ジャンルとの関係が気になったので思索してみたんですけど、あまり関係なかったのでやめておきます笑

グラスに注ぎ始めると泡が豊富に立ちますが、飲む頃には落ち着いてきます。

アロマからほのかに柑橘系のような酸味を含んだ香りが感じられます。

口に含むと、金麦っぽいというかスピリッツっぽさが前面に出ていますが、口の中に染み込んでいくような麦のコクが感じられます。

なかなかの辛口で、次第に苦みが引き締めていきます。

新ジャンルなので軽やかですが、存在感のあるビールです。