■日本

スーパードライ ドライブラック

3BE1803F-0C5F-4EDC-9C2B-B331A689BAFC.jpg33E1E612-18E9-4FFD-878C-C6821BB50AB1.jpg
名前:スーパードライ ドライブラック
原産国:日本
ブルワリー:アサヒビール
スタイル:
アルコール度数:5.5%
色:ブラック
IBU:
以前はスーパードライを反転させたようなパッケージでしたが、「ビアホール仕立て」を強く打ち出したものに大幅リニューアルしました。
グラスに注ぐと粗さを少々含んだクリーミーな泡が立ち上ってくるとともに、カラメル感のあるモルトの甘香ばしいアロマを感じます。
口に含むと一瞬酸味を感じますが、スーパードライのようにスーッと喉に入っていき、舌に麦のほのかな甘みを残します。
口の中で回してみたところ、焦がしカラメルのようなフレーバーが心地よく広がります。
のどごしがよく、スーパードライに焙煎感を加味したビールといった印象です。
ビアスタイルについて考察してみました。
飲んだ感じは下面発酵でピルスナーが最適に感じましたが、調べてみたところ黒いピルスナーなんてないようです。
一方で、下面発酵の黒ビールだとシュヴァルツが最も近いように感じるものの、アロマや口に含んだ時のロースト感や、飲んだ後のコクが弱いので、あまりシュヴァルツとは思えません。
「ビアホール仕立ての黒ビール」として出来上がった結果も重要ですが、製造過程をもう少しわかりやすく解説してほしいです。
ラベルに「当社が考えるビアホールの黒ビールの味わいを目指したものです。」というキャッチコピーが書かれているので、キンキンに冷やしてガンガン飲むことを想定しているのかも知れませんが、少し温まった状態でモルトのフレーバーを堪能するのも一興あります。
icon icon