おでかけ×ビール

コロナ禍に子連れで東京ディズニーランドに行ってきました

美女と野獣“魔法のものがたり” 新エリア

ユタローです。

9月25日(金)に家族で東京ディズニーランドに行ってきました。

メディアではコロナ禍で空いているといわれていますが実際にはどうなのか、また小さな子ども連れのファミリーは行きやすいのかなどを紹介したいと思います。

  • 平日のアトラクション待ちは40分前後
  • 時間指定パスでお得に遊べる

東京ディズニーランドのパスポートが変わった

新型コロナウィルス感染防止のためしばらく休園していた東京ディズニーランド

7月1日よりパークの営業を再開しました。

国のガイドラインに沿った運営が必要になったため、パークの当日券の販売は行わず、日付指定があるチケットの購入者のみ入園可能になる仕組みに変更になりました。

日付指定で購入できるチケットは3種類

「1デーパスポート」は開園時間から入園可能で、料金は大人8200円。他に「入園時間指定パスポート」が2種類あり、それぞれ「午前11時以降」(大人7300円)「午後2時以降」(大人6300円)に入園可能になりました。

ちなみに「入園時間指定パスポート」は10月31日以降は改定され、「10時30分から(大人7700円)」「12時から(大人7300円)」に時間と価格が変更されます。

それにしても、毎年のようにパスポートの改定が行われている東京ディズニーランドにおいて、大人6300円で入園できる午後2時以降の入園時間指定パスポートはとても魅力的に映りませんか?

特に家族がいると入園料はバカにならないじゃないですか。

今だけ安いし、今年はあまり家族を旅行に連れていけなかったから行ってもいいかな、という軽いノリで東京ディズニーランドへ行こうと決めました。

ところが公式のチケットサイトを開いたところ、土日はすべて完売。平日も、1デーパスの売り切れがちらほら、時間指定パスは比較的余裕がありました。

ちょうど午前中に用事があって会社を休む日があったので、その日の午後2時の時間指定パスを早速購入しました。

ちなみに我が家は大人2人、幼児1人、ベビー(1歳児のため無料)の4人家族です。

実際の様子

当日は金曜日。週末であるとはいえ平日です。

さらに朝まで雨が降っていて前日よりも気温も低かったので、パークは空いているだろうと思っていました。

しかし、入園時間の15分前に着くと、雨がパラついているにも関わらずパーク入口には既に行列。

そのうえ、お客さん同士が距離を開けて並んでいるため、後ろになればなるほどグルグル回らなければいけなくなります。

この行列がイヤな方は20分くらい前に並ぶことをおすすめします。

あと入園前に検温と荷物チェックがあります。

さて、パークには入れたことなので当日の様子を簡単にまとめましょう。

意外と人が多い

入園時にも感じたんですけど、中に入っても思ったより人が多いんです。

ガラガラとは程遠い様子でした。

グッズショップではタイミングによっては入場制限をしていて、入り口前に間隔を空けて並ばなければいけなかったりします。

ポップコーンはそれほど並んでいませんでしたが、大人気のティポトルタは購入するまでに通常時と変わらないくらい時間がかかります。

一方で、ベビーコーナーはガラガラでした。

小さな赤ちゃん連れの方も焦らずにおむつを交換することができます。

マスクは必須

これはディズニーランドに限ったことではありませんがマスクは必須です。

もちろん、僕も日頃から付けています。

でも、歩いていて暑かったり蒸れてきたりするとマスクをあごの方に下げたりするじゃないですか。

そうするとディズニーランドではキャストさんに速攻指摘されます。

その辺りのルールはしっかりしているので、マスクがどうしてもイヤな人は気をつけてください。

アトラクション

アトラクションの待ち時間は5~40分前後

ここまで待ち時間が短いのは通常時の閉園1時間前くらいなんじゃないでしょうか。

朝はもっと短いと思いますので、乗り物をガンガン乗りたい方は楽しめると思います。

ちなみにファストパスは発行していません

一方で、各アトラクションでは施設内での待ち時間を減らすために、外に待ちの行列ができています。

一見するとメチャクチャ並んでいるように見えますが、中に入るとほどなくして乗り物に乗れます。

とはいえ、舞浜の強風にさらされることになりますので、これから行く方は防寒対策をバッチリした方がよいでしょう。

ちなみに、僕が行った日は新しいアトラクションが始まる前でしたが、プレス用に公開されていましたので写真だけ撮っちゃいました。

ベイマックスのハッピーライド

ベイマックスのハッピーライド. トゥモローランド
ベイマックスをモチーフにしたライドがティーカップのようにグルグル回ります。

クラブみたいな曲が流れて、キャストさんもDJのようにアゲアゲになっていて楽しそうでした。

美女と野獣“魔法のものがたり”

美女と野獣“魔法のものがたり” 新エリア
映画の世界をそのまま持ち込んだかのようなエリア。

立派なお城と、本当に人が生活しているかのようなかわいい街並みが魅力です。

というよりも、ガストン笑

ファミリーにオススメなのはココ

ファミリーにオススメのスポットを紹介します。

イッツアスモールワールド

もはや定番中の定番。

1列4人まで座れるのでファミリーにはおすすめです。

さて、1歳の下の子が初めて乗ったアトラクション。

最初は平気かなぁと思ってましたけど、泣いた笑

モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”

赤ちゃんを大人の足の間に乗せれば一緒に楽しむことができます。

ベビーはスモールワールドよりも平気な様子でした。

しかし、一番最後の出口前でライドがつまっていて、ダミ声のロズを長いこと目にしていたら、さすがに泣いてしまいました。

グランマ・サラのキッチン

スプラッシュマウンテンに向かう途中にあるレストラン

ネズミのおばあちゃん・サラが腕によりをかけた料理を振舞ってくれます。

どうでも良いですが、我が家では「マ」にアクセントを置いて発音するため、チキンマサラとかインド料理を思い浮かべてしまう笑
でもここは洋食屋!

グランマ・サラのキッチンの料理はおいしいうえにボリュームがありイスにゆったりと座ることができる穴場スポットなので、ファミリーに強くオススメしたい!

料理は洋食中心。(ひょっとしたら以前よりメニューを絞っているかもしれません)

この日はのおすすめセットはビーフシチューのかかったオムライス
グランマ・サラのキッチン
ふわふわのオムライスと、シチューのゴロゴロ肉がたまらない。

デザートのシナモンケーキがとてもおいしくて、ホールケーキのまま家に持ち帰りたくなります。

さて、このレストランの座席は1階と2階があります。

レストランの窓口が1階にあるためほとんどの人は1階で席を確保します。

そのため2階は穴場になっていてあまり混雑しておらず、人通りも少ないのでゆっくりできます。

座席が広々しているだけでなく、アトラクションの中のように様々な調度品が置いてあるのでディズニーランドっぽさを満喫することもできます。

特に暑い夏場はオススメ!椅子とテーブルがひんやりとしていて最高のオアシススポットになります。

東京ディズニーランドはコロナ禍でも満喫できる

そんなこんなの4人家族のコロナのディズニーランド

午後2時から8時過ぎまでいたので実質6時間程度でしたが、最後に花火も観ることができたので家族は大満足でした。

とにかくアトラクションを楽しみたい方はこの時期は狙い目です。1デーパスを買って思いっきり楽しんでください。

また、僕のように小さい子供がいるファミリーは時間指定パスだけでも十分楽しむことができます。
(ベビーがいて朝から行くと体力的にシンドイですからね笑)

今回は天気が悪かったので利用しませんでしたが、ディズニーランドではベビーカーを1,000円でレンタルできます。

家から抱っこ紐で電車に乗って行くのも全然ありです。

いずれにせよ、GoToトラベルを検討している方、ぜひ東京ディズニーランドで楽しんできてください。

さて、そんなこんなで、自分の子供や小さい子どものいる家庭へのプレゼントにぴったりなおもちゃを最後に紹介します。

ウエスタンリバー鉄道の蒸気機関車をモチーフにしたおもちゃ(1,000円)。

ミッキーの部分を押すと汽車が走り出します。

汽車を後ろに引っ張って離しても同様に前進します。

我が家のベビーは夢中で遊んでいます。

単純なおもちゃですがしっかり作りこまれているので部屋に飾っても良いかもしれませんね。