アメリカ

フルセイル EZ(イージー)IPA

フルセイル イージーIPA Full Sail Session EZ IPA
  • オーツ麦の香りがスパイシー
  • 苦みは控えめで飲み口すっきり
  • 朝から飲みたくなるようなドリンカブルなビール
これも飲みたい
黄桜 LUCKY MOUSE(ラッキーマウス)
黄桜 LUCKY MOUSE(ラッキーマウス) シトラスの清涼感が強い香り 濁っているけど、ライトボディですっきり飲める グレープフルーツの強烈な苦みがクセにな...
サッポロビール Innovative Brewer SORACHI1984 SESSION
サッポロビール Innovative Brewer SORACHI1984 SESSION ホップにソラチエースとモザイクを使用 SORACHI1984よりも低アルコール、味わいもフルーティで飲みやすい すっき...

ここで買いました

スーパーの東武ストアで購入。

ライフなど大手スーパーでも見かけます。

ハワイのコナビールの日本での代理販売を行っている友和貿易さんが、こちらの販売代理も行っています。

フルセイル イージーIPA / Full Sail Session EZ IPA

フルセイル イージーIPA  Full Sail Session EZ IPA
フルセイル イージーIPA  Full Sail Session EZ IPA
フルセイル イージーIPA  Full Sail Session EZ IPA
ビール詳細
  • ブルワリー:フルセイルブルーイング(輸入元:友和貿易)
  • 原産国:アメリカ オレゴン州
  • ビアスタイル:セッションIPA
  • アルコール:4.8%

こんなビールです

青空のようにシンプルなブルーが特徴のパッケージがスーパーのビール売り場で存在感を放っています。

さらにもうちょっとよく見ると、“Session”の“s”の字がボートを漕いでいる人になっているんです。

なかなか遊び心があふれるデザインですよね。

あと、”easy”を”EZ”と表現するところがアメリカンでカッコイイ。

さてさて、フルセイルブルーイングはアメリカ・オレゴン州に1987年にできたブルワリー。

現在、オレゴン州にはは多数のブルワリーが割拠していますが、その中でもフルセイルは老舗に当たるわけです。

CRAFT DRINKSさんの記事によると、日本で販売が開始したのは2018年2月なので古くから醸造されているイメージはありませんでしたが、創業以来、数々のコンペで入賞した実績もあり、認知度の広がりとともに人気も高まっていきそうでうね。

その中でもSessionシリーズは、価格を抑えながらもビアスタイルの特徴をしっかり表現されていて、飲みやすさに重点が置かれています。

いざ乾杯!

開栓して、鼻を近づけるとドライホッピングされた新鮮なホップの香りがします。

フレッシュなマンゴーのような甘みもあっていいですね。

それでは乾杯しますよ!!

 

渋皮とオーツ麦のスパイシーさで爽快な飲み口

ボディは超軽量。舌の中にストンと染み込んでいくようでかなり飲みやすい

苦みは強くないのに、飲んだ後にグレープフルーツの渋皮の香りがほんのり現れてきます。

まぁ、ここまでは普通のセッションIPAと一緒です。

しかし、このEZ IPAは、原料にオーツ麦を使っているため、独特のスパイシーな香りが感じられるんです。

この香りが飲んでいると鼻から通り抜け、口の中に残るグレープフルーツの苦みの爽快感を打ち消すこともなく満足感のある余韻を演出してくれます。

後に残るグレープフルーツ間が爽快に感じます

セッションIPAの中では割と独特の大津麦の香りがするので癖はあまり残らない

クセのあるグレープフルーツジュース

香りの強さ
苦みの強さ
甘みの強さ
ボディの重さ
のどごしの良さ

 

感想

一言でいうならば、香りにクセのあるグレープフルーツジュース。

苦過ぎることもなく、またスパイスのような独特なクセが強過ぎることもなく、その絶妙なバランスが飲みやすさを加速させてくれます。

何というか、朝起きてすぐにでも飲めそうな感じ笑

ライトボディが特徴のセッションIPAの中では個性的でインパクトがあるため、少し変わったものが飲みたいという方に自信を持っておすすめします。

くらべてみました
クラフトスタイル アサヒビール 飲みくらべ おすすめ
【アリか⁉ナシか⁉】新ジャンル・クラフトスタイル(アサヒビール)4種を徹底比較!ユタローです。 皆さんは、ひと月のビール代にどのくらいの予算を割いていますか? 二児の父のユタローは外飲みを含めて1万円以内...