日本

GRANDKIRIN ひこうき雲と私レモン篇

29A267BD-5A72-4F12-89E3-572854E0E038.jpg7F858B25-DC31-49EF-9CF3-E8228589CD32.jpg08685096-6BE0-4522-ACDA-3BF840E8BC82.jpg

名前:GRAND KIRIN(グランドキリン) ひこうき雲と私 レモン篇

原産国:日本

ブルワリー:キリンビール

スタイル:

アルコール度数:5.5%

色:ゴールド

IBU

連休中は海外へ出かけていたため、更新がストップしておりました。

さて、今日の乾杯ビールは「GRAND KIRIN ひこうき雲と私 レモン篇」

言わずと知れた「GRAND KIRIN」シリーズで、酒税法のビールの定義変更に伴い、レモンピールを使用しても「ビール」と認められるようになったビールですが、わざわざそこに触れないところにキリンビールの矜持を感じます。

さて、鼻を近づけるとホップ由来の柑橘系の香りを感じます。

口に含んでみると思っていたよりも酸味が抑えられていて、まろやかでフルーティな飲み口です。

フレーバーからも柑橘類の香りが感じられ、引いて行く頃にレモンピールのフレッシュな香りが現れてきます。

最後はホップの苦味がクッと口中に広がりますが、舌には麦の甘やかな感覚が残ります。

飲んで行くほどにフルーティさが増し、心地良さを作り出してくれます。

副原料のレモンピールの使用を隠し味程度に抑えて、ホップや麦の旨みといったビール本来の味で勝負しているところに潔さを感じます。

4月発売のビール会社大手の「新ビール」の中では、それぞれの販売価格やそれに付随する各社の予算の割当てがあるのでしょうが、完成度でいえばこちらが群を抜いて美味しいです。

icon icon