■今、買えるビール

COEDOコエドブルワリー 祭エール-Matsuri Ale-〈仙台七夕まつり〉

COEDOコエドブルワリー 祭エール-Matsuri Ale-〈仙台七夕まつり〉
  • 爽快でキレのある味わい
  • 桃のようなフルーティな香り
  • 炭酸が落ち着くとマットな味わいに変化する
これも飲みたい
キリンビール SPRING VALLEY 豊潤<496>(スプリングバレー ほうじゅんヨンキュウロク)
キリンビール SPRING VALLEY 豊潤<496>(スプリングバレー ほうじゅんヨンキュウロク)【評価・口コミ・レビュー】 「いつものビール」と離れ過ぎない飲みやすさ ホップが効きつつスッキリ飲める 普段使いしやすいビール ...
サッポロビール ヱビス プレミアムホワイト【評価・口コミ・レビュー】 小麦ビールの甘やかな香り 終始感じられる力強い苦み 飲み込むときに広がるヱビスのコク http...
アサヒビール アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶【評価・口コミ・レビュー】
【4/20(火)再度出荷開始】アサヒビール アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶【評価・口コミ・レビュー】 缶がまるごとビアジョッキに お店のようなフワフワの泡 楽しい時の最初の一杯はこれで決まり! h...

ここで買いました

JR東日本のキヨスクNewDays(ニューデイズ)で購入。

本来は4月28日の発売ですが、JR東日本では4月20日(火)から東北応援エキナカグルメフェアを実施していて先行販売されてました。

詳細ページ

祭エール-Matsuri Ale-〈仙台七夕まつり〉

COEDOコエドブルワリー 祭エール-Matsuri Ale-〈仙台七夕まつり〉
ビール詳細
  • ブルワリー:COEDOコエドブルワリー(株式会社協同商事)
  • 原産国:日本 埼玉県
  • ビアスタイル:ペールエール ホワイトライス
  • アルコール:5.0%
  • ホップ:テトナンガー、サファイア、スマラグド
  • 副原料:宮城県産米だて正夢

こんなビールです

埼玉県のコエドブルワリーさんが醸造するビール。

祭エールという名前からして、なんだか心がワクワクしてきませんか。

元々はコエドさんの地元・川越市で毎年開催され、ユネスコ無形文化遺産にも指定されている川越まつりが新型コロナウイルス感染防止のために2年連続中止になったため、特別醸造したALE(エール)でYELL(エール)を送りつつ、売り上げの一部を次年度のお祭り開催のために寄付しようという取り組みで生まれたビールなんです。

公式ホームページによると、

ビール界では20℃程度の中温度帯を好む上面発酵酵母により醸し出すビールのことをエール(ALE)、10℃程度の低温度帯を好む下面発酵酵母によるビールのことをラガー(LAGER)と呼んでいます。また、運動会やスポーツなどを応援する際にエール(YELL)を送るという表現は、多くの方にとって耳なじみのある日本語となっています。COEDOビールは、この二つの同音異義語にクラフトビールメーカーならではの想いを寄せ、ビールのエール(ALE)と応援のエール(YELL〉を結びつけ、今までも多くの団体の記念日に向けて、特別な“アニバーサリー”エールとしてエール(ALE)を醸造することでエール(YELL)を送ってきました。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府要請を受け、人々の交流が制限され、全国各地のお祭りが中止を余儀なくされた2020年。ユネスコ無形文化遺産にも指定されている、地元の川越まつりも同様に中止となり、多くの方々が喪失感を感じている中、川越まつりを応援し、復活を祈念し特別醸造したクラフトビール「祭エール-Matsuri Ale-」を開発し、売上の一部を次年度のお祭り開催のために寄付することができないものだろうかと思い至りました。

そして、コエドブルワリーでは、川越まつりを第一弾に、全国各地で中止となってしまったお祭りを応援するため「COEDO MATSURI YELL PROJECT」を始動することと致しました。これからのお祭り復活に向けたをお送りすべく、日本の祭りへの精神性の現れの一つでもあるそれぞれの当地の米をテーマとし、特別なビールを醸造致します。

なんというか、めちゃくちゃ想いがこもっているのが感じられますよね。

コエドさんは今や海外にも支店を持つ、日本のクラフトビール界の雄ですが、一方で川越で伝統的に育成されていたサツマイモを使用したビールを醸造するなど、地域に根ざした「地ビール」会社という顔を併せ持っています。

まさにコエドさんだからこそ果たせる役割だと感じます。

ところが、コエドさんのお祭りを応援したいという気持ちは地元に対してのみではなかったんです

なんと東北6県の祭エールを発売することを発表しました

「祭エール-Matsuri Ale-」は、これからのお祭り復活に向けたエール(YELL)をお送りすべく、日本の祭りへの精神性の現れの一つでもある米をテーマとし、各祭ごとに特別に開発されたエール(ALE)ビールです。1本あたり20円を各お祭りの関係者に寄付致します。
青森県産、秋田県産、岩手県産、福島県産、宮城県産、山形県産、それぞれのお米を使うことで、日本人にとって、すっと溶け込むように馴染むスッキリとした飲み口のバランスの取れた仕上がりとなりました。ラベルには各祭りのポスターデータを使用しています。

発売するのは青森ねぶた祭・祭エール-Matsuri Ale-、秋田竿燈まつり・祭エール-Matsuri Ale-、盛岡さんさ踊り・祭エール-Matsuri Ale-、福島・わらじまつり・祭エール-Matsuri Ale-、仙台七夕まつり・祭エール-Matsuri Ale-、山形・花笠まつり・祭エール-Matsuri Ale-の6種類。

しかも、それぞれに地元で収穫したお米を副原料として使う徹底ぶり。

いや、もうこれはなかなかできるもんじゃないですよ。

今回購入した仙台七夕まつりには宮城県産・だて正夢が使用されています。

しかも面白いことに、ラベルに短冊がデザインされています。

仙台七夕まつりにちなんだ小ネタもしっかり挿入されていて、見ているだけでお祭りを楽しんでいるような気分になります。

いざ乾杯!

缶をかたむけると、強く発泡したビールがクラスに流れ込んできます。

かなり炭酸が強く、グラスの壁面からも泡がぶくぶく出てきます。

端を近づけると、桃やぶどうのような優しいフルーティーな香りがほのかに感じられます。

それでは乾杯しましょう!!

アゲアゲな爽快感と祭りの後のような余韻

強烈な炭酸水のように発泡していて、口の中がシュワシュワして爽快感が広がります。

ビールはお米を使っているためかとてもクリアな味わいで、キレもかなり強い。

一方で、桃のような甘みを帯びた香りが口から鼻に抜けていくので、どことなくリラックスムードが漂います。

飲み込んだ後も苦みと香りは口の中に滞留し、程よい余韻とともに存在感を感じさせてくれます。

でもこのビール、実は爽快感だけじゃないんです。

炭酸が落ち着いてくるとそこそこボディが感じられます。

舌にまとわりつくようなマットな味わいをゆっくり楽しんでみるのも一興です。

香りの強さ
苦みの強さ
甘みの強さ
ボディの重さ
のどごしの良さ

 

感想

軽やかで爽快な飲み心地が開放的なムードを盛り上げてくれる一方で、炭酸が落ち着いた後に感じられるゆったりとした味わいが併存しているおもしろいビール。

お祭りの楽しいひとときがあっという間に過ぎ去っていくことを表現しているようにも感じられます。

また、ホップは柑橘っぽさが強くないため、落ち着いた香りのすっきりとしたビールを飲みたいという人にはおすすめです。

ぜひ、お家でお祭り気分を味わってみましょう!

これも飲みたい
キリンビール SPRING VALLEY 豊潤<496>(スプリングバレー ほうじゅんヨンキュウロク)
キリンビール SPRING VALLEY 豊潤<496>(スプリングバレー ほうじゅんヨンキュウロク)【評価・口コミ・レビュー】 「いつものビール」と離れ過ぎない飲みやすさ ホップが効きつつスッキリ飲める 普段使いしやすいビール ...
サッポロビール ヱビス プレミアムホワイト【評価・口コミ・レビュー】 小麦ビールの甘やかな香り 終始感じられる力強い苦み 飲み込むときに広がるヱビスのコク http...
アサヒビール アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶【評価・口コミ・レビュー】
【4/20(火)再度出荷開始】アサヒビール アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶【評価・口コミ・レビュー】 缶がまるごとビアジョッキに お店のようなフワフワの泡 楽しい時の最初の一杯はこれで決まり! h...