インド

ゴッドファーザー スーパーストロング

328EEA57-A090-42B4-ACF8-A7B4581D97FD.jpg3D222076-C4FA-472F-91BB-B649E20D455C.jpg
名前:ゴッドファーザースーパーストロング

ブルワリー:ディバンズモダン[Devans Modern Breweries](インド)

今日の乾杯ビールはゴッドファーザースーパーストロング

シンガポール旅行時にスーパーで買ったインド産の高アルコールビール。

8%の高アルコールにも関わらず、500mlの大きな缶に入っていて、販売価格も比較的安かったです。

その他にも同じような高アルコール500ml缶が5種類くらい売っていて、日本でも見かけるKINGFISHERのストロング版も売っていました。

その中でも異彩を放っていたのがこちら。

パッケージやらネーミングやら、店頭でのインパクトが強過ぎました。

さらに「HIGH POWER BEER」と書いてあって、もう全てがネタなんじゃないかと疑ってしまいます(他のビールにも「飲んだ後に運転するな」と書いてありました。むしろ、低アルコールなら許容されるの?)

グラスに注ぐと、大きさが不揃いの粗い泡が立ちますが、すぐにひいていきます。

フレーバーからはホップとモルト、アルコールが

いざ飲んでみると、思ったよりも口当たりがマイルド…というよりも、炭酸に勢いがなくて気抜けしたような感じがします。

次第に高アルコールが口の中を拡散していきます。

ビールというよりも、麦汁をスピリッツで割ったような感じがして、ホップやコクかほとんどありません。喉の通りは悪くないので、ラガー酵母使用でビアスタイルはピルスナーかな。

飲んだ後には、体にはアルコールがズッシリとのしかかります。

おつまみ無しだったこともあり、量も多くて飲み干すのがキツかったです。氷でも入れれば良かったかな。

パッケージにいるクセのあるおじさんみたいにアルコール以外の個性をください、ゴットファーザー!