ビールイベント

【イベレポ】大江戸ビール祭り2018春

さて、新宿で行われている大江戸ビール祭り2018に参加してきました。

クラフトビールのイベントというと、個人的にはけやきひろばのビール祭り(近日「2018春」開催)が個人的には大好きですが、大江戸ビール祭りは都心のターミナル駅近郊で行われていて、ビジネスマンがフラッと寄って直感的に「これ美味そうだな」みたいな雰囲気で飲める、お手軽感が良いです。

今回の会場は歌舞伎町シネシティ広場で5/1620の開催です。

いわゆる旧コマ劇前でして、10年振りくらいに訪れましたが、ゴジラやドラゴンクエストのバラモスがいたり、アパホテルがあったりで、かなり様変わりしていて驚きました。

訪れたのは木曜日でしたが、19時を回るとブースに並び客が出始めて盛況な様子でした。

さて、私には、半休を取って参加予定のけやきひろばのビール祭り2018が翌週に控えているため、今回はけやきひろばに参加しないブルワリーさんを中心にビールを飲ませてもらいました。

21756FC1-A1D7-44C8-973C-B120AA0C226F.jpg

名前:みかんエール

ブルワリー:南紀白浜ナギサビール

スタイル:みかんエール

アルコール度数:5.0%

色:イエロー

みかん、もしくはオレンジを副原料に使ったビールはネストビール「だいだいエール」やアメリカのIPAのように他のフルーツを使用したものと比べてると目にする機会が比較的多いですが、柑橘アロマと渋皮のような渋みが強調されている印象があります。

一転して、こちらのアロマは穏やかで、みかんの皮ではなく、甘皮をむいた果実から感じられるような淡いアロマを感じます。

一口飲むと、完熟みかんのように優しい甘さが口の中に広がります。

果汁感が溢れてジューシーでありながらも、フレーバーからはモルトがしっかりと感じられます。

フルーティさが強調されている分、苦みは抑えられていたので、とても爽やかで飲みやすいです。

E0BD9CEC-F403-45C9-845F-647E365DAEE3.jpg

名前:麦のスパークリングワイン

ブルワリー:南横浜ビール研究所

スタイル:

アルコール度数:%

色:イエロー

個性的な南横浜ビール研究所さんの新作の限定ビール。

グロッシーなホップのアロマが立ち上ってきます。

スパークリングと名乗るだけあって炭酸が舌を強く刺激しますが、次第に麦の甘やかな味わいが広がっていきます。

ネルソンソーヴィンを使用しているそうで、白ワインのようなフレーバーが鼻を抜けます。

飲み込む頃にはアルコール感としっかりとした苦みが口に残ります。

EF7FC9A4-D8D0-408A-B56C-A79A781E0C4F.jpg

名前:安房ビール アンバーエール

ブルワリー:安房ビール

スタイル:アンバーエール

アルコール度数:5.0%

色:アンバー

クラフトビール黎明期からの老舗、安房ビールさんの定番ビール。

鼻を近づけると濃厚なモルトの香ばしいアロマが感じられます。

やや甘みがありながらも香ばしさが口と鼻を駆け抜けていきます。

ガツンとしたコクがありますが、あっさりとしていて飲みやすいです。

B89BD53D-172E-4F18-BE79-2868A043E1AC.jpg

名前:マスカットピルス

ブルワリー:独歩ビール

スタイル:フルーツラガー

アルコール度数:5.0%

色:ホワイト

かなり甘みの強い果汁感

やわらかく甘いけど、味がぼやけないようにホップがしっかりと引き締めます。

最後に現れる麦のコクが国産大手のそれのようで、どことなく懐かしさがあって安心感を覚えます。

ただフルーティなだけではなくて、ピルスナーとしての飲みごたえがあります。

1時間弱で4杯。週末の飲み会の前に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

[pz-linkcard-auto-replace url="http://oedo-beer-festival.jp/"]
icon icon