日本

サッポロ 極ZERO 爽快ゼロ

4C24C9CF-AD88-4429-BAE4-05678CF391FE.jpg02643227-8884-4908-AEA9-9C96D94086A8.jpg
名前:サッポロ 極ZERO 爽快ゼロ
原産国:日本
ブルワリー:サッポロビール
スタイル:
アルコール度数:2.5%
色:ゴールド
IBU:
糖質ゼロ、プリン体ゼロ、人工甘味料ゼロに加えてカロリー最少級という、健康上の理由でビールを飲むことをためらう人の間口をこれでもかというくらい目一杯広げた機能重視の発泡酒です。
レモンのようにフレッシュな酸っぱいホップのアロマが軽やかに感じられます。
飲んでからも、レモンの強い酸味があります。
口に含んだ瞬間はシュワシュワと強い炭酸を感じますが、溶けていくようにすぐに消えてしまいます。
後味は低アルコールなこともあってあっさりとしていて、舌にガムを噛み古したような苦みが残ります。
これらの発泡酒は、そもそもが糖質などの成分をゼロにするという制限を設けたコンセプトありきでつくられているため、格闘系スポーツと同じように、美味しさを追求したビールと無差別級として比較することはできません。
しかし、どうしてもビール全体から見ると他から大きく見劣りしてしまい、その評価もこの手の割には良い悪いという基準でしか判断できなくなってしまいます。
一方で、ジャンルに対する消費者からの支持と市場規模があるからこそ新商品が定期的に発売されています。
価格も手頃ですし喉が乾いた時のドリンク感覚としての利用に価値があるのかもしれませんが、まだまだ健康面に余裕のあるのある私としては、作り手が、商用的な制限があるにしても、自由な発想でこだわって醸造したビールとの出会いを追求していきたいです。