日本

スーパードライ みがき麦芽仕込み

BC6759F0-1679-4A1C-B302-55AC32A8FE19.jpg74A08900-FA65-4866-9755-0422274C1D27.jpg
名前:スーパードライ   みがき麦芽仕込み
原産国:日本
ブルワリー:アサヒビール
スタイル:ピルスナー
アルコール度数:5.0%
色:ゴールド
IBU:
ポップ:ボベック
スーパードライの限定醸造品。
パッケージは、みがき麦芽というだけに麦の色をあしらったのかと思ったのですが、公式ホームページによると、年末年始の店頭を華やかにする意図で金箔をイメージした金色を挿入したようです。
ドライプレミアムシリーズの全身ゴールドのインパクトが強かった分、金という印象があまりなかったです。
さらに麦芽粉砕技術や麦汁ろ過技術にみがきをかけた「みがき麦芽仕込み」方法によって、麦芽からの渋みや雑味が少なくなるように工夫されています。こちらの解説を読むまで麦芽のみがき方が違うのかと思っていましたが、みがきかかったのは技術の方でした。
さて、希少ポップ使用と書いてあるものの詳細の記載がないので再びホームページから引用すると、「ドライプレミアム   芳醇な薫り」でも登場したボベックを使用しています。
芳醇な薫りでは、「ボベックは植物的でボタニカルなニュアンスが特長のホップ」という複雑な記述があったことを思い出しましたが、個人的には甘くてスパイシーなポップという印象が残っています。
さてグラスを注ぐと透明度の高いビールが現れ、麦の香りを含んだ、花のようふわっとしたアロマを感じ、明らかにスーパードライと一線を画しています。
さらに、口に含んだ時に麦の甘みを感じ、苦みや渋みが格段に抑えられていて、「辛口」がうたい文句のスーパードライらしからぬ味わいです。
飲み終えた後には、上等なピルスナーのような麦のコクが出てきて、次第に苦みが現れます。