日本

東京クラフト SAISON(2018)

B468FBE1-35E5-47B0-9569-10D1D41CB2D4.jpg9C4898BE-8282-487D-B459-891557557DC1.jpg178314C1-B4A0-468B-92DA-6C847A0FACB5.jpg

名前:東京クラフト   SAISON2018

原産国:日本

ブルワリー:サントリー

スタイル:セゾン

アルコール度数:5.5%

色:ゴールド

IBU

ホップ:ギャラクシーホップ

今日の乾杯ビールは東京クラフト   SAISON2018

昨年に引き続きGRAND KIRIN   ギャラクシーホップと同時期の発売で、サントリーではギャラクシーホップを使ってセゾンスタイルのビールを醸造しています。

まず鼻を近づけると南国フルーツの「マットな甘み」のあるアロマが感じられます。

時折スパイスが顔をのぞかせるため、どことなく海の向こうのビアレシピ   柑橘の香りの爽やかビールに似ているような気がします。

口に含むと酸味が広がり、段々と渋みへと変化していきます。

炭酸はそれほど強くなく、所々にフルーティな甘さを感じたるので口当たりは良いですが、ホップがしっかりと効いているため全体的にビターな味に仕上がっています。

口の中で回していると麦の旨みもにじみ出てきます。

そして、飲み干してしばらくして、渋みがグレープフルーツの渋皮のようにヘビーなものになります。

一言で表すならば「爽やかに渋いビール」。

苦いビールが嫌いな人や、麦芽由来のクセに馴染めない人にオススメしたいビールです。

icon icon