日本

ドライプレミアム豊醸 華やかな薫り

F17B00D4-19F8-4C0C-835F-E15602EFBD64.jpg3543A2FC-46E9-4AFF-B24C-0B457AB191C2.jpg
名前:ドライプレミアム豊醸ワールドホップセレクション 華やかな薫り
原産国:日本
ブルワリー:アサヒビール
スタイル:ピルスナー
アルコール度数:6.0%
色:ゴールド
IBU:
ホップ:マンダリナババリア
ドライプレミアム豊醸ワールドホップセレクションシリーズの17年冬の限定醸造品。
今回の希少ホップはマンダリナババリアです。
マンダリナババリアといえば、富士桜高原麦酒さんがこのホップを使用したヴァイツェンを醸造しています。
今秋のけやきひろばのビール祭りで見かけて、変わった名前だったのでオーダーしました。
香りや飲み口がフルーティでありながら、飲み終えた後にしっかりとした苦味が残り、じっくり味わう類のヴァイツェンだと感じました。
さて、ドライプレミアムではどうでしょうか。
甘く軽やかなアロマにはフレッシュな酸味も感じられます。
発泡は、他のドライプレミアム同様、スーパードライのように比較的強めな方です。
一口目はほのかな甘みがあってすっきり飲めるタイプのビールのような印象でしたが、喉を通過するくらいから深みが出てきて、苦味とコクを感じます。
最後は麦の甘みが口に余韻を残していきます。
甘みから段階を追って苦みへと変化する…まるでエビスビールのようなイメージで、このシリーズにしてはのどごしより味わうことに重点が置かれているように感じました。