日本

東京クラフト IPA(2018)

0EC538C8-C7B3-4917-93BC-2412716F5A93.jpg038C7052-859A-4199-8930-86A1EE717C05.jpg0A75825E-E134-447D-AF3C-73B91EB4D0FC.jpg

名前:東京クラフト   IPA2018

原産国:日本

ブルワリー:サントリー

スタイル:IPA

アルコール度数:6.5%

色:ゴールド

IBU

ホップ:シトラホップ

今日の乾杯ビールは東京クラフト   IPA2018

昨年発売された同商品は完成度が高く、在庫のある店を探しながらリピートして買い続けていました。

ただし、賞味期限近くになると大味になるというか、アロマや甘みなどの繊細さが損なわれてしまうので、缶詰めしてから新鮮なうちに飲むのがベストです。

2017年版の飲象はこちら

東京クラフト IPA


さて、2018年バージョンは思ったほど柑橘系アロマのキツさはなく、IPAのわりには香りが控えめです。

口に含むと、シトラのエッジが効いていて、パッションフルーツの香りと甘みが感じられます。

ホップの特徴と並行して麦の旨みもよく出ていて、鼻からモルトのフレーバーが抜けていきます。

次第に柑橘系の苦みが現れ、飲み進めるほど苦味を強く感じます。

2017年版を飲んだ後に様々なIPAの飲酒体験をしたためか、今ひとつ華やかさが物足りないように感じましたが、相変わらずのコスパの良いIPAです。