ビールイベント

オンラインブルワリー(醸造所)見学に参加してみた

オンライン飲み会 ブルワリー 醸造所 ビール工場見学

ユタローです。

さて、先日、ビール仲間のオハさんが主催するオンラインブルワリー(醸造所)見学に参加しました。

普段お店に行かないと飲めないビールが自宅で飲めたり、お店に行っても見ることのできない醸造施設やブルワーさんの仕事風景を見ることのできる貴重なイベント。

ぜひ皆さんにも紹介したいと思います。

オンラインブルワリー(醸造所)見学とは

インターネットのテレビ電話アプリを使ってブルワリーの方の話を聞いたり、ブルワリー内の醸造設備を紹介してもらう企画です。

また、見学開始前に、ブルワリーからはビールが送られてきます。

家でビールを楽しみながら実際の作り手の話を聞くことができるので、臨場感のあるビール工場見学を楽しむことができるんです。

外出自粛によるブルワリー支援を目的として開催されるケースが増えていますが、ブルワリーの醸造施設を見学できる機会はもともと少なく、瓶・缶などで流通していないブルワリーのビールを自宅で飲むこともできるので、ビール好きにはぜひともおすすめしたいです。

オンラインブルワリー(醸造所)見学に必要なもの

基本的に新しく買い揃えるものはありません。

スマホもしくはパソコンに、主催者が指定するアプリをインストールします。

大概、Zoomを使うイベントが多いです。

あとは主催者の指示に従い、パスワードなどを入力します。

しいて必要なものと言えば、ビールをおいしく飲むためのグラスでしょうか。

ブルワーさんがビールをいろいろ紹介してくれている時に「グラスが足りなくて飲み比べできなかった」ってなったらせっかくの機会がもったいないですもんね。

ビアスタイルごとにグラスを変えて楽しみたいなら、やはりシュピゲラウがおすすめ。

ビールを味わう~グランドキリンIPLグラス間もなく当ブログを開始して1年が経ちます。 投稿は気づいたら100投稿を超えていて、単純に考えても、この間に100銘柄以上のビールを飲ん...

僕も使ってます。

あと、少量を飲み比べできるビアフライト用のグラスもオススメです。

実際に参加してみた

今回の企画は、東京の代々木にあるY.Y.G. brewery & Beer Kitchen (ワイワイジーブルワリー アンド ビアキッチン)のブルワリー見学。

休日の16時から17時に開催され、子育てビールおじさんにもやさしい企画です。

事前にY.Y.G.さんの看板商品、新宿ペールエール、代々木アンバー、渋谷IPAの3本のビールが送られてきました。

オンライン飲み会 ブルワリー 醸造所 ビール工場見学

こちらのビールは公式オンラインショップでも購入できます。

当日の開始時刻の10分前にZoomからイベントの開催地へログイン。

初めてだといろんな人の顔が映し出せれて驚くかもしれませんが、同様に自分の顔も相手に流れていますので安心してください(意味不明w)

まもなく開始時間になり、グラスにビールを注いで乾杯!

当日の流れを大まかに書くと

  1. ブルワリー紹介
  2. ビールの紹介
  3. ビールの作り方
  4. 醸造施設紹介

主催のオハさんとブルワーの遠藤さんがタモリのテレフォンショッキングのように会話を展開してくれるので、話すことが苦手な方でも安心して楽しむことができます。

また、Zoomにはチャット機能があるので、感想や意見を言いたいときにいつでもメッセージを送ることができるのも特徴です。

やはり目玉は醸造施設見学。

設備を紹介しながら、実際に醸造しているビールを取り出して比重を計っている姿を披露してくれました。

こまめに消毒液を吹きかけているところをみると、遠藤さんがビール作りにおいて几帳面だということも伝わってきます。
飲み手としてもブルワーさんの生の様子を見れる絶好の機会です。

そんなこんなで1時間でイベントは終了。

まさにあっという間でした。

こんなところがオススメ

オンラインブルワリー(醸造所)見学のオススメをまとめてみました。

こんなところがオススメ
  1. 自宅で楽しむことができる
  2. リアルイベントよりも大人数が参加可能
  3. ゆっくりビールを楽しむことができる

やっぱり一番のメリットは自宅で楽しめることですね。

お店までの時間や交通費が一切かからないのは大きい。

一方、家で音を出すことで家族が気になる方にはイヤホンをおすすめします。

Bluetoothのワイヤレスイヤホンなら配線が邪魔することなくビールを楽しむことができます。

また、普段の工場見学は参加人数が限られていますが、オンラインでは大人数が参加可能です。

多くの人が参加できることはお店にとっても大きなメリットですし、設備の衛生面を考える上でもオンラインでの見学の方が好ましいのかもしれません。

このようなイベントが開催されることでビールに興味を持つ人が増えると思うので、ビール好きのユタローとしても応援していきたいです。

今後はオンラインの参加者がブルワリーとリアルな接点を持つ仕掛け、例えばオンラインで送られてきたビールの空き瓶をブルワリーに持っていくと1杯サービスみたいなものがあればライフタイムバリューにもつながっておもしろそうだなぁと思ったり。

さておき、機会があればぜひ楽しんでみてください。

オハさん主催企画
  1. 5/29(土)江戸東京ビールさん
  2. 6月 Y.Y.G. breweryさん(2回目)

詳しくは↓