ビール

【コク深い、ロイヤルな味わい】アサヒ スーパードライ ロイヤルリミテッド

アサヒ スーパードライ ロイヤルリミテッド
こちらもお見逃しなく
2019秋ビール 紅 秋味 琥珀のくつろぎ 焙煎生ビール プレミアムモルツ秋香るエール クリアアサヒ秋の宴
【どれを買う?】2019秋ビールが徹底比較〜おいしいのはこれだ!~こんにちは、ショーです。 ようやく9月になりハロウィン商戦が始まるのを目にすると秋が来たんだなぁと実感します。 否、ビール売...

ここで買いました

発売日前日に、近所のスーパーで購入しました。

11月末までの期間限定発売を予定しているようなので、購入はお早めに。

【最大200円OFFクーポン配布中】【送料無料】アサヒスーパードライ ロイヤルリミテッド 350ml×24本【北海道・東北・四国・九州・沖縄県は必ず送料がかかります】
created by Rinker
¥5,679
(2019/11/18 15:42:51時点 楽天市場調べ-詳細)

アサヒ スーパードライ ロイヤルリミテッド

アサヒ スーパードライ ロイヤルリミテッド
アサヒ スーパードライ ロイヤルリミテッド
ビール詳細
  • ブルワリー: アサヒビール
  • 原産国:日本
  • ビアスタイル:
  • アルコール:5.5%
乾杯したグラスはこちら【RIEDEL O(リーデル オー) コカ・コーラ グラス ペア】
created by Rinker
¥3,480
(2019/11/18 07:40:27時点 楽天市場調べ-詳細)

こんなビールです

2019年10月22日は祝日だと知ったユタローです。

この日は天皇陛下の即位礼正殿の儀が執り行われるため、今年のみ国民の祝日となります。

危うく仕事の予定を入れるところでした。

皆さん知ってましたか?

さて、これに合わせてなのか、アサヒビールから10月8日(火)に アサヒ スーパードライ ロイヤルリミテッド が発売されました。

2019年4月に発売されたアサヒ 富士山といい、ここの会社はこの手のジャパンな商品が好きですね。

アサヒビール 富士山 asahi
キレないアサヒ!すっきりなのに存在感あります【アサヒ 富士山】副原料に富士山の伏流水で育った米を使用 麦芽感が抑えられ、クセがなくてすっきりと飲める 飲んだ後に広がる、苦みのない余韻が心地よいで...

パッケージ的にはアサヒ ゴールドラベルにも似ているような印象も…。

アサヒビール ゴールドラベル
【麦芽の甘みが金メダル】アサヒビール アサヒ ゴールドラベル苦みや麦芽のクセが嫌いな人におすすめ 麦芽由来の甘みが前面に出ながらも、すっきりと飲めるビール たくさん飲んでオリンピックチケットを...

そして、プレスリリースによると、

国産麦芽のうまみを丁寧に抽出し、通常より濃度を高めた麦汁を長期二段熟成※1させることで、コク・香りといったビールの風味をより際立たせました。

何とも目新しさを感じませんね。

正直なところ、即位礼正殿の儀に合わせて金ぴかなパッケージでとりあえず作りました的な印象が強かったため、飲む前から味にはあまり期待していませんでした。

しかし、予想だにもしなかった思わぬ展開が待ち受けていました!!



いざ乾杯!

グラスに注ぐと、通常のスーパードライよりも黄色みがやや強いビールが顔を出します。

同時に、トーストのような香しいかおりが立ち上ってきて、軽快さがウリのアサヒさんにしては重厚感があります。

さて、乾杯しましょう!

ひと口飲んで、このビールはスーパードライとは別物だとわかりました。

とにかく麦芽感が濃厚。麦芽由来のクセを排除して飲みやすさを追求したスーパードライとは明かに設計思想が違います。

深みのある甘みが色濃く出ていて、まるでウィンナーラガーのようなコクを感じます。

アサヒ特有の喉越しの良さよりもコクが勝っているため、飲んでいる時の満足感は格別です。

飲み終えるとカラメルのような甘みが口に残り、そこに秘められたほろ苦さが余韻を感じさせてくれます。

香りの強さ
苦味の強さ
酸味の強さ
甘みの強さ
のどごしの良さ
【最大200円OFFクーポン配布中】【送料無料】アサヒスーパードライ ロイヤルリミテッド 350ml×24本【北海道・東北・四国・九州・沖縄県は必ず送料がかかります】
created by Rinker
¥5,679
(2019/11/18 15:42:51時点 楽天市場調べ-詳細)

感想

飲む前はほとんど期待していませんでしたが、意外なまでに個性が立っていて、とても美味しいビールでした。

アサヒ ゴールドラベルの上位互換のような印象もありますが、スーパードライを冠しているのに、その呪縛たる「キレ・喉越し・辛口」から大きく脱却しています。

11月末に終売が決定していることが本当に悔やまれますね。

元号云々よりも、ビールの製法やこだわりを消費者にしっかりと伝えた方が、ファンに響いたんじゃないでしょうか。

欲を言えば、もう少しホップを聞かせてフレーバーに立体感があれば尚良かったかな。

それだけ完成度が高くて飲みごたえがありました。

さぁ、早く買いに行かないと。