サントリー

【イオン限定】サントリー 金麦〈香りの余韻〉2020

【イオン限定】サントリー 金麦〈香りの余韻〉2020
  • スッキリ飲めてじっくり余韻が楽しめる
  • 白ブドウのような香りのホップ・ネルソンソーヴィン
  • 一杯の満足度が高く、コスパがイイ

ここで買いました

イオンのお酒売り場で購入。

こちらはイオングループの酒類取扱店(約4,000店舗)のみでの販売になります。

サントリーのエールと言えばコチラ

サントリー 金麦〈香りの余韻〉2020

【イオン限定】サントリー 金麦〈香りの余韻〉2020
【イオン限定】サントリー 金麦〈香りの余韻〉2020
サントリー 金麦〈香りの余韻〉2020
  • ブルワリー:サントリー
  • 原産国:日本
  • ビアスタイル:エール
  • アルコール:6.0%
  • ホップ:ネルソンソーヴィン

こんなビールです

 

イオングループ限定販売の金麦〈香りの余韻〉が2020年も引き続き発売。

サントリー金麦 香りの余韻 エールタイプ イオン
サントリー 金麦〈香りの余韻〉【イオン限定販売】こちらは2019年の商品です。 2020年のサントリー 金麦〈香りの余韻〉はこちらになります。 https://www.ka...

エール(上面発酵)タイプの金麦といえば、2020年夏にサントリー 金麦〈香り爽やか〉エールタイプが全国発売されたのも記憶に新しいところですが、少しずつエールが選択できる環境が整ってきているのは喜ばしいことですね。

しかも、新ジャンルでエールを販売しているのはサントリーだけです(2020年11月現在)。

プレスリリースによると、

白ワインを思わせる贅沢でさわやかな香りを生み出すネルソンソーヴィンホップと上面発酵酵母を使用することで、エールタイプならではのフルーティで華やかな味わいと余韻を実現しました。昨年ご好評いただいた「金麦〈香りの余韻〉」の味わいの骨格はそのままに、「金麦」こだわりの素材である「贅沢麦芽」※により、麦の味わいとホップのさわやかな香りのバランスに磨きをかけました。
アルコール度数6%で、しっかりとした味の厚みもお楽しみいただけます。パッケージは、高級感のあるゴールドとホワイトの組み合わせと、粉雪が舞う冬のシーンを思わせるデザインで、豊かな味わいと上質で落ち着いたイメージを表現しました。
※「旨味麦芽」に加え、こだわりの国産麦芽を一部ブレンドしたもの

昨年との大きな違いは、金麦が2020年より取り入れている「贅沢麦芽」の一部使用。

引き続き希少ホップのネルソンソーヴィンをお手頃価格で味わうことができるのが大きいですね。
 



いざ乾杯!

グラスに注ぎましょう!

開栓後に感じられる香りはあまり強くないですが、2019年版と同様に〈香る〉エールのフルーティな雰囲気が少々出ています。

それでは、乾杯しましょう!!

 

飲み心地がまさに白ワイン

苦みはほとんどなく、口で回すと白ワインのような酸味と甘みが広がっていきます。

麦芽っぽさもほとんど感じません。

さらにアルコールの辛さがビシッと締めるので、全体的に口当たりがドライです。

そして、一番の特徴は飲んだ後からやってきます。

白ブドウのフルーティな香りが口の中に漂い、時折、リキュールに漬けたレーズンのような味わいも感じられるため、まさにおもしろい余韻を楽しむことができます。

ボディも軽くて飲みやすい。

飲み終えると体が熱くなるので、やはり冬にぴったりなのかもしれません。

香りの強さ
苦味の強さ
酸味の強さ
甘みの強さ
のどごしの良さ
サントリーのエールと言えばコチラ

感想

麦芽感や苦みがかなり抑えられていて、白ワインのような味わいがお手頃価格で楽しめるビール。

喉ごしよりも、飲んだ後の香りをじっくり楽しみたいですね。

また、2019年版は、リキュールっぽい粗さが少々感じられました。

サントリー 金麦〈香りの余韻〉2020では特に悪目立ちしている印象は無く、辛口に仕上げたり、リキュール漬けレーズンのような深みを与えてくれたり、プラスの要素として働いているように感じます。

金麦といえばサントリー 金麦〈濃いめのひととき〉2020も発売したばかりですね。

サントリー 濃いめのひととき
サントリー 金麦〈濃いめのひととき〉2020 水割りのようなアルコール感 苦み・渋みがなく、酸味がメイン おつまみと共にゆっくり楽しみたい ...

どちらも余韻に特徴があり、サントリー 金麦〈濃いめのひととき〉2020はウィスキー、サントリー 金麦〈香りの余韻〉2020は白ワインを感じることができます。

興味がある方はぜひ飲み比べてみましょう。

icon icon