■今、買えるビール

クリアアサヒ 秋の宴(2021)【評価・口コミ・レビュー】2021秋限定ビール

クリアアサヒ 秋の宴(2021)【評価・口コミ・レビュー】2021秋限定ビール

ユタローです。

四季折々の期間限定ビールを醸造しているアサヒビールのクリアアサヒから、2021年の秋ビールとしてクリアアサヒ 秋の宴(2021)が発売されました。

このビールのテーマは「宴」。

さんまや鍋料理など秋の旬で彩られた食卓のお供になるように、コクのある味わいを目指して造られました。

ビールの祭典オクトーバーフェストも10月に開催されることを考えると、まさに秋はビールの宴の季節と言っても良いのかもしれません(めちゃくちゃ強引w)

そんな秋の味覚を引き立てる、2021年8月18日発売のクリアアサヒ 秋の宴(2021)を紹介します。

  • 3種類の濃色麦芽をブレンド
  • 刺激的な飲み口
  • 深いコクが長く残る
これも飲みたい

ここで買いました

イオンで購入しました。

スーパーや酒屋さんで入手しやすいかと思います。

サイズは350mlと500mlの2種類。

クリアアサヒ 秋の宴(2021)

クリアアサヒ 秋の宴(2021)【評価・口コミ・レビュー】2021秋限定ビール
クリアアサヒ 秋の宴(2021)【評価・口コミ・レビュー】2021秋限定ビール
ビール詳細
  • ブルワリー:アサヒビール
  • 原産国:日本
  • ビアスタイル:
  • アルコール:6.0%
  • 麦芽:ミュンヘン麦芽、クリスタル麦芽、ロースト麦芽一部使用
  • クリアアサヒシリーズアサヒビール一覧

    こんなビールです

    2018年より発売されていて、秋限定ビールの顔の一つともいえる、クリアアサヒ 秋の宴(2021)

    ところで、クリアアサヒの秋限定は秋の膳という商品名でした。

    クリアアサヒ 秋の膳 名前:クリアアサヒ 秋の膳原産国:日本ブルワリー:アサヒビールスタイル:ピルスナーアルコール度数:6.0%色:クーパーIBU: ...

    秋の味覚に合うビールというコンセプトは現在も同じですが、「膳」という言葉は、日本酒ならまだしもビール系飲料にはあまり馴染まない気がします。

    そのため、ここ数年はキャッチーな「宴」という言葉を使うようになったのかもしれません。

    確かに、普段の生活で「膳」は使わないですけど、「宴」ならまだありな感じがしますね。

    公式ホームページによると、

    「ミュンヘン麦芽」「クリスタル麦芽」「ロースト麦芽」といった3種の濃色麦芽を一部使用し、原麦汁エキス濃度を高めることで、秋らしい焙煎香としっかりとしたコクのある味わいを実現しました。

    2021年の秋の宴には、なんと3種類の麦芽が一部使用されています。

    このように原料とその使用した目的がプレスリリースにしっかり書かれていると、作り手と売り手の思いが伝わってきて、飲む前から好印象を持ってしまいます。

    さて、せっかくなのでそれぞれの麦芽の特徴をざっくりまとめてみました。

    • ミュンヘン麦芽…伝統的なドイツビールを中心に使用される麦芽。ビールのボディ感を高める。
    • クリスタル麦芽…ピルスナー麦芽を強めに焙煎した焦げ茶色の麦芽。琥珀ヱビスでも使用された。
    • ロースト麦芽…秋限定ビールでよく使われる。ビールの色を濃くし、コクを感じさせる。

    それぞれの特徴がわかるのだろうか。

    じっくり飲んでみましょう。

    いざ乾杯!

    グラスに注ぐと、かなり深みのある銅褐色のビールが登場。

    明るい色味のビールが多いアサヒビールが、ここまで濃色のビールを作るとは思わなかったので少しびっくり。

    アップルティーのような甘さと渋みのある香りが広がります。

    それでは乾杯しましょう!!

    麦芽のコクが長く続く

    落ち着いた色合いのわりにビールは刺激的で、口の中をピリピリ。

    酸味がかなり強く感じられます。

    しばらくすると、苦みとリキュールの甘みがじわじわと染みでてきます。

    その中でも、一番強調されているのは麦芽のコク。

    口に入れた時から喉を通り終えた後も、終始、複雑な味わいを感じさせてくれます。

    また、飲み込んだ後にはツーンとしたシトラスのような清涼感が広がります。

    香りの強さ
    苦みの強さ
    甘みの強さ
    ボディの重さ
    のどごしの良さ

     

    感想

    クリアアサヒらしいライトボディでありながらも、香りや口の中に入れた時の刺激、コクなど、いたるところから主張が感じられます。

    そのため、しっかりとした味わいのビールに仕上がっています。

    そこそこ酸味が強いので、単品で飲むよりも食事と合わせた方が、その個性がさらに活きます。

    塩分のある食事との相性が良さそう。

    ぜひおつまみ片手に楽しんでみてください。

    これも飲みたい